期間従業員雑談

はじめて期間工になる前にやっておいたほうがいい準備

はじめて期間工をやってみようとするなら、赴任する前にやっておいたほうがいいことがあります。

筋トレ!基礎体力をアップさせること

なによりおすすめなのはジムやトレーニング施設に通う事です。

期間工は体力仕事なので、できるだけ基礎体力を上げておくと有利に働きます。持久力と腕力を中心に鍛えておくだけでも違ってきます。

1日7時間30分以上の労働になるので、今まで運動をしていないなら、少しでも基礎体力を上げておくと、赴任後にかかる負担が少し軽くなります。

もちろん日頃使う筋肉と異なる部分を酷使するので、筋肉痛は避けられないかもしれませんが、ある程度鍛えておけばその痛みも多少緩和されるでしょう。

固定費の見直し

期間工として赴任する期間が長い場合は、現在かかっている固定費を見なおすチャンスです。

インターネット関係の固定費関係は多いと思いますが、赴任後に使わないものは解約しておきましょう。

地元のジムの会費、新聞代なども赴任後には使わなくなるなら解約が必要です。パチスロなどで貯玉がある場合は有効期限が切れそうなら換金しておく事も忘れずに。

自動車の管理

もしマイカーを持っている場合は動かなくなる可能性が高いので、赴任中のメンテナンスをしてくれる人への依頼や、必要であれば自動車の処分をしておきましょう。

自動車を処分しておく場合は自動車保険や駐車場契約も忘れずに解約しておくようにする必要があります。

マイカーを保持し続ける場合は、適切な処置をしておく必要があります。

後日発送の荷物の手配

赴任する日には最低限の荷物しか持っていけません。赴任時にはまだ寮が決定していない場合もあるので、主たる荷物は後日送らなければなりません。

実家から発送出来る場合は、あらかじめ梱包しておく必要があります。

持って行くものは必要最低限にとどめておくほうが良いですが、衣類などは季節で分けて梱包しておけば後々楽になります。

赴任先住所が分かり次第送れるような場合には、シャンプーリンスやボディーソープ等も用意しておけば、買い足す必要が無く便利です。

散髪

期間工に赴任してから髪を切りに行こうとすると、知らない土地で情報を集めなければなりません。そうすると思わぬ地雷を踏むこともあるので、事前に2カ月程散髪しなくても良い状態にしておきましょう。

現地での散髪は、現地の期間工の先輩におすすめを聞いてから行くほうが圧倒的に失敗せずに済みます。

銀行口座と工場用印鑑を作っておく

銀行口座は多くの方はもう持っていると思いますが、もしまだ持たない場合は作っておきましょう。

会社の近くにATMがあるなど情報があれば、その銀行を用意しておけば手数料が節約できます。

工場に行くと、意外と印鑑が必要になるシーンがあります。そのため工場に印鑑を置いておくと、プライベートと使い分けができて便利です。更新手続きの書類はシャチハタ不可などもあるので、できればシャチハタ以外のものを用意しておくと良いでしょう。

実印である必要も印鑑証明も不要なので、認印を1つもっておくことをおすすめします。

必要なものの買い物

赴任時にあったらいいものをまとめたページをご確認ください。

重要なことは体力づくりくらい

以上、経験ももとにまとめてみましたが、重要な事は体力づくりくらいかと思います。

特に何もせずとも期間工赴任後でもなんとかなります。