工場と仕事

期間工はすぐ慣れる!楽になったら抜け出せないワケ

期間工 つらい
期間工 やめとけ

期間工にはネガティブな検索ワードが多いのですが、その中で「期間工 慣れ」という言葉が良く検索されているのをご存知ですか。

これは一体どういう理由で検索されているのでしょうか。

期間工 慣れ が示すものとは?

この検索キーワードを入力する人達の多くは、「期間工は大変だと言われているが、慣れるものなのか?」という事。「期間工 慣れ(るコツ)」というものも一部含まれます。

すべてがこの考えではないですが、「期間工 慣れ」で表示される結果から、そうした意図が読みとれるのです。

実際、期間工は1~2週間で慣れる

期間工は最初の1~2週間で慣れます。学校の部活動と同じことで、作業によって使う筋肉が違うので、普段使わない筋肉を使うと筋肉痛が起きますよね。

期間工でも最初の1~2週間は筋肉痛が起こります。これは新しく作業を始めたベテラン作業員でも一緒です。慣れない作業をすれば、体が出来るまでは大変です。

一度筋肉ができてしまえば、あとは全く気になりません。これはどの工程でも同じことです。

1~2週間経過する頃には、気になるのは立ち仕事による足のむくみ程度のものになるのが大半です。

研修などでも、「最初の1カ月だけまずは頑張ってみてください」という事を言われるのは、1カ月間を乗り切れば、それほど苦痛ではなくなるよ、という事の裏返しでもあるのです。

作業は1日で理解できて簡単!

期間工に任される仕事は単純作業ばかりです。むしろ難しい作業なんてありません。高校を卒業したばかりの10代でも、予備知識0の段階から作業が出来るようになるような現場です。

覚えることはそんなに多くありません。車種ごとにいくつかの違いはありますが、作業自体は似たような作業をするので、大体の作業は1日で理解できると思います。

1日で理解はできるけれども、慣れるまでにはこれもまた1~2週間ほどかかってきます。最初は色々ミスをしてしまいますが、怒られることはほとんどありません。先輩社員がフォローしてくれるので、同じ作業を何度もミスすることさえ無ければ、責められないのが期間工です。

ただタクトタイムといって、決められた作業時間に間に合わせるのは、作業に慣れるより少し時間を必要とします。

慣れてしまえばこんなに楽な仕事場は無い

期間工はきつい、期間工はつらい、期間工はやめておけと経験者は語ります。

ある意味で本当、ある意味でうそです。

期間工はリピート率が高い業界です。期間工を経験した人は何度も期間工として赴任します。期間工ブロガーの多くは1社だけ経験している人は珍しく、多くの期間工ブロガーと呼ばれる人達は、何社も渡り歩いていることが分かるはずです。

期間工がきつい、危ない、つらいと言われる職場で、こんなにリピートするはずありませんよね。

これは期間工は慣れてしまえば楽に稼げることを彼らが知っているからです。その職以外の仕事が割に合わないと思っているからです。

期間工に慣れると、作業をしながら眠気を感じるくらい余裕が出ます。
期間工に慣れると、作業をしながら鼻歌を歌う余裕が出ます。
期間工に慣れると、毎週土日に趣味を楽しむ余裕が出ます。

1日余裕のある生活をしつつ、年間収入400万円以上の収入が得られるので、他の職場に比べると魅力的にうつるのです。

事実多くの会社は年間収入300万円以上になるかどうかの水準ですから、この差100万円は非常に大きいです。

そして大変だ、つらいといいながらも、作業が収入に見合っていると思うからこそリピートしてしまうというわけです。

期間工があまりに収入面で条件が良いせいで、一歩外の会社に出た時に、こんなに大変なのにこれだけしかもらえないのか、という気持ちが芽生えてしまう事が、期間工ループになる理由の1つになっています。

アウトソーシング経由でさらに収入アップ!

アウトソーシング経由で申し込むと、追加でお祝い金がもらえるケースがあります。

アウトソーシングは期間工の案件を紹介するサービスをしています。

人材派遣会社とは異なるので、中抜きされるような事はありません。それどころかお祝い金さえもらえてしまいます。

アウトソーシングは案件を紹介するだけなので、雇用は応募するメーカー直接雇用となります。つまり、メーカーに直接申し込んでも、アウトソーシングから申し込んでも、一切違いはありません。

面接に行くだけで報酬が出る案件もあるくらいです。現役期間工はほとんどアウトソーシングを利用しているのではないでしょうか。申し込まないほうが勿体ないので、次は期間工と決めたら必ずアウトソーシングから申し込んでおきましょう。