期間従業員雑談

リゾートバイトはやめておけ!失敗したと感じる10のデメリット!

短期間でガンガン稼いで、仕事終わりはリゾート地で過ごせる!

まさに一石二鳥!そう思っていざ赴任してみると後悔の連続。リゾートバイトは住み込みで働けるから生活費もかからない、などと思っていたら大間違いです。

リゾート地の響きに騙されないで、自分が本来やりたい事を思い出しましょう!

リゾートバイトはやりがい搾取!収入よりも支出が痛い!

リゾートバイトは生活費がかからないというメリットがあります。しかしそこで目がくらみがちですが、他のアルバイトに比べてやや安いか、または同じくらい、というところが多いのです。

まあ生活費がかからないから手取りが低くても別に、と思っていざ赴任してみると、実は支出面がかなり痛い事に気が付くはずです。

つまり、何もかもがリゾート地価格!

自動販売機でジュースを買おうとしても180円や200円することもあります。レストランが近くにあってもメニューの多くは1000円近いという事も良くある上、大衆食堂などがありませんからそこで食べるしかないのです。

近くにコンビニが無い場合も多いですよね。交通手段もないから買い出しに出かけるとついつい買いこんでしまい、いつも以上に支出が増えてしまう。

家賃が無い分、手取りが少し増えたとしても出費がかさんで、結局手元に残る金額が少なかった、という人は実は多いのです。

リゾートバイト先の周囲に何もない!

リゾートバイトの勤務地はリゾート地です。

つまり長期休暇期間でこそ盛り上がりますが、それ以外の期間は閑散としているのがリゾート地には多いのです。

そんな場所ですから日常を相手にするような食堂やコンビニが徒歩圏に無い!という事もありえます。

1~2カ月間という短期間、買い物弱者になるのです。

普段そこに住む人達は車で移動することがほとんどですから、車がないと厳しい環境なのは、リゾート地を知る人なら想像しやすい事だと思います。

忙しくてリゾート気分どころではない!

リゾート地へリゾート目的で遊びにいったことがあればその人の多さは分かると思います。

勤務時間のすべてが繁忙期であるので、忙しすぎて仕事終わりに自分もリゾートを楽しもうという気にはなかなかなれないのが実際のところなのです。

場所にもよりますが、基本的に天候が悪いとき以外は人が絶えることが無いので、慣れた頃にはリゾートバイトが終了し、結局遊ぶ事ができなかった、という人も見られます。

リゾート地の電波が微弱!ネット難民で数カ月過ごすことも!

リゾート地のアルバイトで困るのは電波の弱さです。リゾート地のメインの時間は、実はNTTやAUなどが中継機を動かしているので電波が弱いと感じる事が少ないのですが、夜間などはその運転も止まっている可能性が高く、また中継機の周囲は電波が強くても、宿泊所周辺はほとんど入らない、という事も珍しくありません。

ただでさえ郊外、特に山奥などはポケットWiFiを持っていてもあまり改善されることが無いため、リゾートバイトに行く場合にはスマホやパソコンはあてにならないと思って出かける必要があります。

インバウンド!訪日外国人を対応するのが大変!

観光地は今や海外からの観光客が多数来日することも珍しくありません。リゾートバイト先で海外の人達と交流できる事はメリットの1つでもありますが、逆に海外の人達を対応することに苦慮する人もいるのです。

洗濯機が共同だときつい

風呂やトイレが共同の場合もありますが、寮によっては各部屋ごとにある場合もあります。旅館系であれば大浴場や露天風呂に入り放題というメリットもあるので、悪いことばかりではありません。

ただ洗濯機は共同である場合が多いのですが、台数がしっかり揃っているような環境は珍しく、乾燥機などがあっても、いつも誰かが使っているようなケースがあります。

しっかりしている寮なら、洗濯機使用の順番や時間が決められていますが、そうでない場合は少ない台数を奪い合いになることも。

基本的に部屋干しなので、洗濯物を干す紐などは自前で用意しておくほうが無難です。

最寄の街までが遠い

リゾートバイト先にもよりますが、最寄りの駅までが遠い、また大きな街までが遠いケースが多いようです。

働く期間が長いほど、寮生活から抜け出したくなる場合がありますが、最寄りの駅までの移動手段や最寄り駅から近くの街までの移動時間などは隠れたストレスになります。

最寄り駅までシャトルバスが出ることは良くありますが、それでも近くの街まで遠いほど交通費もかさみます。

要コミュニケーション!明るい仲間が逆につらい

リゾートバイトは、楽しみながら稼ぎたいと思う人達が集まりやすい環境です。募集サイトによっては、素敵な仲間がたくさんできることを謳い文句にしているところもあるくらいですが、それが逆にコミュニケーションが苦手な人にとって苦痛な環境になりやすいという点もあります。

サークル活動のノリになる事も多く、そうした集団で騒ぐ、楽しむといった事がメリットになる人ももちろんいますが、デメリットに感じる人も一定数いることは知っておく必要があるでしょう。

リゾバ稼ぎ時は天候が暑すぎるか寒すぎるか

リゾートバイトで稼げるのは繁忙期です。つまり冬休み、春休み(GW)、そして夏休みの期間が最も稼げる時期になり、案件も増えます。

ですがこの期間、猛暑or極寒という環境で、ともすれば一日外で立ち仕事という事もあり得ます。慣れない環境の中でいきなりこの季節から始めると、体調も崩しやすくなります。

労働基準法スレスレに巻き込まれることも

リゾートバイトの雇い主側は、まさにその時期が勝負の時期です。経営に対する熱がこもりすぎるがゆえに、働く側の都合が後回しになることも一部では起きています。

残業時間が極めて長かったり、20連勤という事例もあります。休憩時間が法令より短いことも。

もちろんごく一部の企業によるものでありますが、雇用主が大きな企業経営でない場合ほど、そうした事への対応は経営者次第になってくるのが悲しいところでしょう。

リゾートバイトのメリットももちろん大きい!

リゾートバイトは寮生活でお金がかからず、憧れの地で働けるというメリットはとても大きな事です。素敵な仲間との出会いもあるでしょうし、お客様との交流も多くあります。

外国語の勉強をするために、外国人が多いスキー場を選んだという人もいますし、仕事終わりにいつも海に潜れて最高!という声も一つや二つではありません。

そうしたメリット面が大きいのは間違いありませんが、デメリットもある事は熟知しておく必要があります。

短期間で大きく稼いでから数カ月リゾート三昧も!

リゾバを選ぼうとするのは、収入も多くてリゾート地で楽しめる、一石二鳥を狙っての事だと思います。

ですが、本当に楽しめるのは、短期間でそれ以上に稼いだ上で、余力をもってリゾートだけを楽しむ事ですよね!

仕事をすることなくリゾート地で思う存分羽を伸ばす、それが最高だと思いませんか?

実はそうした目的でトヨタ自動車に勤務する人がいることを知ってほしくてこの記事を書きました。トヨタ自動車には「期間従業員制度」があります。最短3カ月から働ける短期採用です。

いま、これにアウトソーシング経由で申し込めば、面接に参加するだけで7万円の謝礼が出ます。入社できればさらに28万円のお祝い金が出ます。

さらに入社後、会社から10万円の特別手当が出るほか、日給は9900円のほか、期間満了でのお祝い金も合わせると3カ月勤務で130万円以上を手にすることが可能です。

もちろん寮には寝具、エアコン等完備、トイレや風呂は共同ですが、洗濯機は十分すぎるほど用意されています。

女性も多く働いている上、トヨタ自動車だから法律はしっかり守られ、各種ハラスメントも対策されていて、女性が働きやすい職場です。(弁護士ホットラインまである)

いかにも力仕事のように思われますが、事前にしっかり筋力測定があるので、肉体的に無理な作業はあてがわれないので安心です。

1年働けば400万円以上の収入が得られるので、海外旅行に行く資金を貯める人もいました。

3カ月や6カ月働いてあとはリゾート地で過ごすという人も実際働いているのです。

短期間でリゾバ以上に稼いでから、シーズンオフを狙って思う存分リゾート地を満喫したい人は、同じ期間で数倍多く稼げるトヨタ自動車を狙ってみませんか?


それでもリゾートバイトがやってみたい!

それでもやっぱりリゾートバイトがいい!安全安心なリゾートバイト情報が欲しい!という人は、DMMグループがサポートしているリゾートバイト求人のハッシャダイリゾートがおすすめです。

ハッシャダイリゾートの高額求人募集

専門サイト以外からのリゾバアプローチはブラック企業に引っ張られがちなので、後悔しないためにも、しっかり要点を質問してみましょう。

質問例:
・完全個室の案件ですか?
・トイレや風呂も個別ですか?
・女性も安心して働けますか?
・周辺の電波環境はどうですか?
・インターネット環境はありますか?
・残業の上限規定はどのくらいですか?
・残業代は何割増しですか?
・休日出勤はありますか?
・衣類は現地調達できそうですか?
・休日の食事などはどうなりますか?
・リゾート利用は割引ありですか?
・送迎などはありますか?
・休日の移動手段はどうなりますか?