工場と仕事

コミュニケーションが苦手な人でもOK!バイト稼げる人と関わらない仕事

コミュニケーションが苦手な人は収入が低くても仕方がないと思っていませんか?

人と会話するのが下手だったり、人と話をするのが苦手だったり、人との関わり合いが苦手な人もいると思います。

無口な人でも高収入が得られる仕事は、世間的にはあまり稼げないものが多いのですが、期間従業員はその点良い意味で裏切ってくれます。

人付き合いが苦手な人も大勢いる職場

期間工の職場は、人付き合いが苦手な人が珍しくありません。大人しい印象の人も老若男女問わずいます。採用面接さえクリアできてしまえば、その後の働きはただ流れてくるものに対して作業するだけです。

人付き合いが苦手だとしても、人とかかわる時間は限りなく少ないので、ただ黙々と作業をするだけでも問題ありません。

人とかかわらない仕事としてはバイトより稼げる

人と関わらないでいられる仕事の中で、期間工の仕事は高収入に位置します。

面接と研修期間さえクリアしてしまえば、あとは1日話すことなく終わる人もいます。

それだけで年収は400万円を超えますし、3年間で1000万近く貯める事ができるのは魅力的ですよね。

ほとんど同じ作業を繰り返すだけです。ライン作業中は人と関わることはほとんどありません。共同作業をする部署もありますが、それでも基本的には作業中の私語は厳禁なのです。

もしコミュニケーションを強いられるようであっても、3カ月、または6カ月毎の更新なので、やっていけないな、と思えば短期で終えることもできます。

おとなしい人に向いている仕事場

おとなしい人や会話が苦手な人は、基本的に面接で敬遠されるのがどの世界も共通だと思いませんか?期間工の場合、体力的に問題が無ければ面接は通る可能性が高いのです。

もちろんその時の需要の量によりますが、ここ最近は人手不足のあおりから、面接のハードルも下がっているような声も聞かれます。

基本的に寮では一人暮らしになりますし、バス通勤も一人、仕事も一人で過ごします。本当に無口な人でも作業ができれば何かを言われることはありませんから、自分の作業に徹底しているだけで満了まで過ごすことが可能です。

実際に無口な人、コミュニケーションをあまりとらない人も作業していますし、無事に2年11カ月の最長期間まで勤め上げていく方を何名も見ています。

基本的には体育会系だが無理強いはされない

基本的にノリは体育会系です。出来る限り会話の中に混ざるようにアプローチを掛けられることはあると思います。しかし、無理に心を開かせようとするような動きはありません。

大手であればあるほど、そうしたモラル研修があるので、社員も無理に引っ張ろうとはしてきません。

休憩時間などは、休憩ルームの端のほうでじっとしていても大丈夫なので安心してください。

仕事さえできれば問題ありません。

仕事も簡単な作業が多いので研修期間も短い

社員を目指さない限り、過度なコミュニケーションをとる必要はありません。期間工になる人の中には、最終学歴が中学卒業、高校卒業という方も多いので、期間工に任せる仕事は誰でもできるように単純な作業になっています。

そのおかげで、通常仕事を初めて教わる状況からでも1週間程度で教育係はいなくなります。場合によっては3日で一人で作業させられるケースもあります。

もちろんそれですぐにタクトタイム(決められた作業時間)に間に合わせるのは難しいですから、遅れが出る間はサポート役が指南する格好になりますが、それでも2週間ほどすればそうしたサポートもつかなくなるので、一人で作業したい人は2週間我慢すれば、完璧な環境下で仕事することが可能です。

期間工はチームで仕事をする、というイメージがありますが実際には個々人が分かれて作業するのです。

自動車組立の動画を見ても、コミュニケーションを求められるようなシーンは一切映っていません。それが工場では普通の事だからです。

10分ほどの動画で見ても、誰かと話をしているシーンがありませんよね。これは意図的にそう編集したのではなく、ごく普通の製造シーンです。

誰かと共同作業することはあっても、コミュニケーションをとる事は滅多にありません。

また肉体的に鍛えられたような人かと言われれば、手首が細い人でも働いているのが分かると思います。使う筋肉が限定的なので、一般的に言われるような力仕事という事ではないのです。

コミュニケーションが苦手な人でも大丈夫なバイトより期間工

期間工には本当におとなしいタイプ、無口なタイプは珍しくありません。

コミュニケーションが苦手だから仕事は安いバイトくらいしか受からないだろうとあきらめずに、高収入が得られる期間工の仕事にトライしてみてください。

きっと思っていたより大したことなかったな、と思うはずです。

もちろんコミュニケーションが苦手だから克服したい、と思う人にとっても同様で、無理な事をさせない職場であるので、自分のペースで徐々にコミュニケーションを取っていけば良いのです。

もし自分にとって働きやすい職場だと分かれば、再度赴任した際には、社員登用試験を目指してみるのもおすすめです。

まずは第一歩、面接から挑戦してみましょう。