期間従業員雑談

退職代行 | 契約満了せずに期間工を辞めたい!!バックレる前にすべきこと

期間工をバックれる話は配属されたら良く聞きます。

期間工を1ヶ月でやめた
期間工を3ヶ月でやめた
期間工を1週間でやめた

ネット上でもその手の話は枚挙にいとまがありません。
期間工を辞めたい
割合的には2〜30人に1人くらいは突然来なくなる人がいるのが自動車系期間従業員の実際のところでしょう。期間工をやめる場合、どんな不都合があるのか、今回はここに焦点を当ててみましょう。

期間工を途中でやめる時の注意点

途中で期間工を辞めたい人は多くいますが、実際にやめる際に理由があるかどうかは重要です。まず途中でやめるとどう不都合かを先に考えてみます。

経歴が余計複雑になる

退職して次の職場を探す際に、職歴を見られますが、その際に中途半端な契約期間となった履歴を説明する必要が出てきます。特に途中退職が1年未満の場合は妙な目で見られることがあるでしょう。

期間工への再就職が厳しくなる

契約満了を前提とする期間従業員の職業に就きにくくなります。過去期間工歴がある場合は、その点では優遇されますが、3ヶ月や6ヶ月満了をしていない場合は理由を問われます。

その理由が納得のいくものでなければ、期間工への登用が難しくなることも考えられます。

またグループ会社への転職も厳しくなる、という話はよく聞きますので注意が必要です。(表向きには個人情報保護法の関係から個人情報のやりとりは禁止されていることがほとんどですが)

お金が稼げない

期間工は満了時点で報酬が増えるように設定されていることが多く、期間満了する前に退職すると想定していたほどの収益にはつながりません。もちろんそれを置いといてでも辞めたい、ということであるのは仕方ないことですが。

シミュレーション!バックレるとどうなる?

バックレると、基本的には電話がかかってきます。まずは自分の所属するグループマネージャー(組長・GM)から電話がかかります。電話に出ないままだと、ついでグループ統括(工長・CL)から電話がかかってきます。

会社の立場上、連絡がつかない状態というのは、寝坊、または室内で倒れているかもしれないと思われるため、連絡しない場合は電話が来ることは避けられないでしょう。

初日連絡せずに2日目となる場合には、勤務時間中に寮事務、またはグループマネージャー等が寮の様子を見にくることもあります。

寮に在宅していれば事情を聞かれますし、寮に居なければ自宅への連絡、場合によっては警察へ捜索願いが出されることもあります。

バックレる前にしておくこと

バックレる、ということは最悪のケースですが、人によっては「辞めます」「辞めたいです」と言葉にできない性格の人もいます。

ただ、やはり現場に迷惑をかける、というのはできるだけ避けたいという気持ちはあると思います。

そこでバックレることを後押しするわけではありませんが、最低限のマナーとして、

・個人ロッカーがある場合には、個人ロッカーは片付けて、鍵を開けておく。鍵は個人キャビネットがあればそこへ、なければロッカーの中に置いておく。
・返却物については個人ロッカーに入れておく。
・社会保険証は個人ロッカーに入れておく。
・寮は退社したことが分かるように綺麗にしておき、鍵は開けておく。

ということは必要です。社員証については退勤時に必要なので寮へ持ち帰り、寮に置いておく必要はあると思います。

退職することを伝えてもらうサービス

期間工をバックレる時に利用されるサービスが「退職代行」。会社を辞めます、ということを、本人の代わりに伝えてもらうサービスがあり、ここ数年シェアを伸ばしています。

会社との気まずいやりとりを代行してくれるので、基本的には書類のやりとりのみで済ませることができます。会社と話しをすることがないので、怒られることや嫌みを言われること、もちろん引き止められることもありません。

もうだめだ、逃げたい、と思ったら、自分でもう最後だと思った日のうちに、寮に帰ってから電話してください。その次の日には早速連絡をしてもらえるので、捜索されることも、寮に来られることもありません。

・返却時に必要なものは全てロッカー(またはキャビネット)にあること
・社員証は寮にあること
・書類送付先

などについて伝えておけば、あとは相手の指示に従うだけで問題ありません。

どうしても本人とのやりとりが必要な場合や行き違いでの連絡は避けられませんが、必要最低限のやりとりだけで済ませられるので心理的負担が少ないのも利点です。

辞めたか辞めてないのかがはっきりしないことが会社にとってもお互いにとっても不利益ですから、自分で言いづらい場合はこうしたサービスを利用してサッパリとし、気持ちよくリスタートを切りましょう。


退職代行SARABAへ移動