募集要件

オートワークス京都とは?プライベート重視の期間工はここを狙え!

期間工案件を探していると、たまに面白い案件を見つけます。2018年に募集が続いているオートワークス京都もその一つです。

オートワークス京都は期間工にとってどう?

期間工の間ではオートワークス京都の話題で盛り上がるということはほとんどありません。こうしたサイトでもブログ情報がほとんど無いのでさらりと書かれることしかありません。

トヨタやホンダ、マツダなどの自動車メーカーに比べると、その条件は少し劣ってしまうように感じますが、扱うものが常に同じとは限らない職場ですから、手に職を付けたいという人にとっては活躍の機会が多いのではないでしょうか。

寮も完全個室、生活家具家電付きで無料で利用できるのは嬉しいところです。

基本的には日勤のため、深夜手当などはあまり期待できないため、月収例参考の230,000円~250,000円からの上振れは期待できないと思われますが、満了金等が毎月4万円あるので、手取りは20万近くになることも十分あり得る条件です。

「いろいろな種類の車がつくれます!」という募集案内にもあるように、時期によって携わる案件は異なって来るようです。その分覚えることはたくさんありそうですから、割と器用な方、物覚えが良い方には良い案件と言えそうです。

オートワークス京都とは?

オートワークス京都は、もともと軍需プロペラ製造だったものが、戦後の変遷を経て、1959年に日産車体株式会社の関連会社になってからは、割と日産との繋がりの強い企業運営が続いています。現在では連結子会社の位置付けで、オートワークス京都の従業員は、全日産自動車労働組合に所属する関係を持っています。

ベースとなる車体は他社が製造したものを使い、それをユーザーのニーズに合わせてカスタマイズしていくビジネスです。

街で見かけるちょっと変わった車を製造しており、救急車や幼稚園バス、放送機材を乗せた車両から現金輸送車まで、あらゆる車両を手がけ、カスタマイズする会社です。

仕様書を見ながら、それに合わせた内装や外装を施していく作業になります。工場自体が比較的小型のため、期間工数もそれほど多くはありません。総従業員数も360名(2017年4月1日現在)で少数精鋭体制です。

オートワークスの環境

オートワークス京都は、期間工案件としては非常に暮らしやすい土地にあります。本社工場のある京都府宇治の場合、工場の1km圏内に、MEGAドン・キホーテ、ヤマダ電機、ユニクロ、しまむら、ブックオフ、ハードオフ、オートバックス、ホームセンター、図書館があり、さらに近鉄京都線大久保駅からは、大和西大寺経由で大阪難波まで行くこともできます。

暮らしやすさで言えばオートワークス京都の魅力は期間工案件の中でも極めて突出しています。2km圏内まで広げればイオンやイオンシネマもあり、自転車環境でも十分に日常生活は楽しむことができそうです。

寮からの送迎はありませんが、徒歩で通勤も可能な範囲なので、ほぼこの環境内での暮らしは約束されています。また赴任時から自動車やバイクの持ち込みや通勤も可能なので、車やバイクを持っている人でも安心して赴任することが可能です。

ちなみに近鉄大久保駅からJR京都駅までは300円、およそ20分でいけます。さらに新大阪駅まで新幹線で1420円、15分で行けるアクセスの良さ。普段はオートワークスで働きながら休日は大阪で過ごすということも十分できるのは魅力的です。

プライベートを優先したい期間工に

寮の食堂はありませんが、工場の食堂は利用可能。食費が他よりややかさみますが、それでも基本的には日勤、京都へも奈良へも大阪へも1時間以内で行ける抜群の環境。家賃や水道光熱費無料のワンルームで満了金はしっかりもらえる。

期間工としての魅力はかなり高いのですが、先に記載したとおり従業員数もさほど多く無いので、募集が締め切られてしまうといつ再開されるか分からないのが現状なので、興味がある場合には一度求人サイトへご確認ください。

特殊車両のオートワークス京都